ガキの使い24時で過去復帰した不倫芸能人は誰?渡部建は復帰できる?

gakitsuka24-furinreborn ニュース
ガキの使い24時で過去復帰した不倫芸能人は誰?渡部建は復帰できる?

大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない24時」シリーズで多目的トイレ不倫で無期限自粛中のアンジャッシュ渡部建が電撃復帰するニュースが報道された!

過去にも同番組で復帰した不倫芸能人がおり、スキャンダルをイジられることで笑いに変えて今では見事に本格復帰を果たしている実績があります。

今回は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない24時」シリーズのおかげで復帰した不倫芸能人を動画付きで紹介します。
また、アンジャッシュの渡部建が果たして同番組で本格復帰ができるのか検証したいと思います。

ガキの使い24時で過去復帰した不倫芸能人は誰?

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない24時」シリーズのおかげで見事に本格復帰を果たした2名の芸能人について紹介します。

アパホテル不倫の袴田吉彦(2017年)

本格復帰した不倫芸能人第一号は“アパ不倫”俳優の袴田吉彦さんです。

袴田吉彦さんのアパ不倫は『週刊新潮』により、

10回ホテルに行ったが、そのうち7回はアパホテルだったしかも、ポイントカードを貯めていた

などと報じられると一躍“アパ不倫”としてメディアを駆けめぐり、SNSでも「セコイ!」「ケチ不倫」といった意見が相次いだ。

さらに妻・河中あいさんとは離婚することになるだけでなく、週刊誌に暴露した不倫相手のグラビアアイドル・青山真麻が報道の直後にテレビに出演したり、『FRIDAY』で「次はアパじゃなく、もう少し高級なホテルに連れて行ってくれる人がいい」などと発言されたりとまんまと売名行為に利用されたというWパンチで幕を閉じた内容でした。

世間での評価が下がったところで、2017年の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ」での突き抜けた演出により、その後不倫ネタを自虐に変え、むしろ再ブレイクを果たした良いケースではないでしょうか。

4WD不倫の原田龍二(2019年)

本格復帰した不倫芸能人第二号は“4WD不倫”俳優の原田龍二さんです。

原田龍二さんの4WD不倫は原田龍二さんご自身がインスタグラムで複数へDMを送り、そこから2名と不貞関係にまで仲が深まり、不貞行為はいつも自家用車の4WDだったとのこと。
家族からは叱責されたようで、高校2年の息子からは「ママに悲しい思いをさせて許せない」とメールが届いたとのこと。

最終的には、奥様とは離婚までは発展せず、関係修復に努めているようです。

そんな中で、2019年の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ」で、袴田吉彦さんとの突き抜けた共演により、見事にスキャンダルを笑いに変えて、今では本格復帰を果たし、袴田さんとともにバラエティからドラマまで出演できています。

ガキの使い24時で渡部建は復帰できるか?検証してみた。

2020年で電撃復帰するのがアンジャッシュの渡部建さんですが、まだ世間が認めるかどうかはわかりません。

また、本格復帰した彼らと大きな違いは報道後に会見を開いて自ら経緯を説明したり、妻や関係者の方へ謝罪せず、雲隠れ状態なのです。

復帰するにも順番が逆だと思いますのであまり効果はないかと私は考えています。

でも仮にご本人が覚悟を決めたのであれば、二人を上回るような演出をしれば、世間のマイナスイメージを変えられるかもしれません。

どちらにせよ、放送後に何事もなかったかのように出演すると不快に思う方は多くいらっしゃると思いますので、事後でもしっかり会見開いて、ご家族や関係者に向けて謝罪の気持ちを述べた方がよいと思います。

渡部建の多目的不倫とは

2017年4月の佐々木希との結婚後、渡部建さんが肉体関係をもった女性は少なくとも3人おり、しかも不貞行為は東京・六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレにて行われていたのです。

しかも、女性を呼び出して性行為におよんで対価として1万円を渡しており、多目的トイレ不倫として世間の批判を浴びた。妻の佐々木希や相方の児嶋が公に謝罪する一方で、渡部は会見を開いていない状況であり、同番組で復帰を果たした二人より世間から相当なマイナスな印象を持たれていると思います。

 

まとめ

今回は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない24時」シリーズのおかげで復帰した不倫芸能人を動画付きでご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

渡部建さんも大みそ日は相当な覚悟を決めて復帰した二人を上回る演出を期待したいところです。

コメント