夫婦間のスケジュール、依頼ごとの共有をどうするか?

夫婦間のスケジュール、依頼ごとの共有をどうするか? 夫婦
夫婦間のスケジュール、依頼ごとの共有をどうするか?

夫婦間での些細な喧嘩の原因として、夫婦間でのスケジュールや依頼ごとがうまく共有できていない”コミュニケーションロス”によるものが多いのではないでしょうか。

ライフイベントを重ね一人暮らし、二人暮らし、子供との3人暮らし、4人暮らしと共有すべき内容が増えていきますよね。

特に子供が生まれた以降から急に多くなり、また、親として忘れていたでは済まないものもあります。

私がよくやりがちだったのがスケジュールの伝え忘れ、妻の予定とお願いされたことを忘れてしまうといったことがよくありました。

言い訳としては仕事が忙しいからといっても忘れてしまう行為は夫としても親としても情けないものです。

また、女性は自分が伝えたことが伝わっていない時すごく

そこで、仕事以上に舐めてはいけないと反省し、ここ数年は仕事と同じ位に気を遣って予定管理、ToDoリスト(やること一覧)を作るようになりました。

これを行うことで夫婦間の「言った」「言わなかった」といった不毛な争いを避けることができている。

今回は私が行っている妻へのスケジュール共有、家族のToDo管理に最適なスマホアプリと使い方をご紹介します。

スケジュール共有

スマホアプリ名:TimeTree[タイムツリー]

販売元:TimeTree,Inc

機能概要

家族で各々の予定を書き込んだカレンダーをスマホに入れたイメージです。

さらに予定単位に場所、持ち物などの詳細情報を登録できたり、

予定のカテゴリごとに狙った色でマーカーをつけられるため、例えば、パパの予定、ママの予定、長女の予定などをカテゴリとして定義してあげれば、視覚的にも把握しやすくなります。

我が家での使い方

夫婦で各々のプライベート、仕事などスケジュールを登録して、共有しています。

使い方として特に注意しているのは予定は話題が挙がれば即登録するようにしています。

また、できる限り細く登録することにより、スマホのみ確認すれば良い状態にすることが可能。

また、登録することにより通知機能があるため、妻へ取り急ぎ伝わります。もちろん登録後は口頭で補足的に経緯や詳細を妻へ連絡します。

ToDoリスト

スマホアプリ名:リマインダー

販売元:iTunes K.K.

機能概要

iPhoneに標準搭載されています。端的に言うと忘れてはいけないことをリマインド(思い出させる)してくれます。

タスクを意図的に削除しない限り、ずっとロック画面のバナーに表示されるため、イヤでも目につきます。

また、他のにも便利機能があり、カテゴリ登録、期限設定(日時指定可)、さらには共有機能もあり、工夫してプライベート、仕事で活用可能です。

(我が家での使い方)

こちらは共有はしているものの基本は私が単体で登録しております。

妻からお願いされたことや先々に予定されている子供のイベント(お宮参り、七五三さ、保育園の申請などで準備しなければならないこと、

車検の予約などを登録しています。また、登録するタイミングは日々の夫婦間での会話、先々を考えた時必要そうな準備作業が挙がればどんどん登録しています。

最後に

夫婦間のコミュニケーションを強化するアプリを紹介しましたが、「入力してあるから伝えなくて大丈夫」となってしまうとコミュニケーションが減ってしまったり、勝手にスケジュールを入れてしまうことによる新たな夫婦間のコンフリクトが発生しかねません。我が家ではアプリは備忘の位置付けとして、しっかり口頭で伝えることが先に来るよう約束しています。

スケジュールおよびToDoリストを共有することで、夫婦間のコミュニケーション強化を図り、お互いの負担を軽減できるようにしていきましょう。

コメント