青羽悠wiki経歴プロフィール!彼女や本名と出身高校大学や著作本紹介

aobayuu-profile 小説家
青羽悠wiki経歴プロフィール!彼女や本名と出身高校大学や著作本紹介

2016年に小説すばる新人賞を受賞した作家で現役大学院生の青羽悠さんが、先月10月20日に新作「幾千年の声を聞く」を出版し、話題です。

青羽悠さんの経歴やプロフィールを調査してみて、伊坂幸太郎さんの作品に影響を受けたということや、男子校出身だということが判明しました。

今回は青羽悠さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

・青羽悠の経歴とプロフィールをwiki風に紹介!
・青羽悠の彼女いるの?
・青羽悠の出身高校と偏差値を調査!出身大学は京大!
・青羽悠の著作本を紹介!

青羽悠のwiki経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

青羽悠 Aoba Yu(@aobayu_)がシェアした投稿

青羽悠さんの経歴をご紹介します。

2000年 0歳
愛知県岩倉市にて誕生する。

2015年 15歳
中学を卒業し、高校入学前の春休みから小説を書き始める。
動機は「このままだらだら大人になれば、何者にもなれないんじゃないか」という焦りから。

2016年 高校2年生 16~17歳
デビュー作「星に願いを、そして手を」で、第29回小説すばる新人賞を史上最年少受賞。

2018年 大学1年生 18~19歳
京都大学総合人間学部入学。
地球科学を専攻。

2020年 大学3年生 20~21歳
「凪に溺れる」を出版。

2022年 21~22歳
京都大学総合人間学部卒業。
京都大学大学院へ進学。
同年7月に「青く滲んだ月の行方」を出版。
同小説のタイトルと同じ名前のユニットをシンガーのShunと結成。
10月に「幾千年の声を聞く」を出版。

青羽悠さんの経歴を調べてみて、小説を書き始めたのが「何者かになりたかったから」という動機と、様々な本を読んだ中で伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」に魅力を感じたことがきっかけとなったようです。
そこから実際に行動を起こして小説を書き上げ、賞を受賞するなんてすごいですよね。

 

 

青羽悠のwikiプロフィール

青羽悠さんのプロフィールをご紹介します。

名前 青羽悠
読み方 あおばゆう
生年月日 2000年月日非公開
年齢 22歳
出身地 愛知県岩倉市
学歴 京都大学総合人間学部卒業
京都大学大学院在学中
職業 小説家

青羽悠さんのプロフィールをご紹介しました。
青羽悠さんの生年月日は非公開ですが、小説すばる新人賞受賞が16歳、現在22歳なので2022年生まれということはわかっています。

 

 

青羽悠の彼女いるの?どんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

青羽悠 Aoba Yu(@aobayu_)がシェアした投稿

青羽悠さんには彼女はいらっしゃるのか調査してみました。

調査の結果、青羽悠さんに彼女がいるという情報はありませんでした。
青羽悠さんは小説の執筆と大学院での研究もあって忙しく、彼女がいたとしても過ごす時間は限られていそうです。

青羽悠さんに彼女がいるという確実な情報はありませんでした。

 

 

青羽悠の出身高校どこ?偏差値は?

青羽悠さんの出身高校と偏差値についても調べてみました。

青羽悠さんの出身高校について具体的な校名などは公表されていませんでしたが、男子校であったという情報がありました。
青羽悠さんは愛知県の出身なので、愛知県内にある男子高校に通っている可能性が高そうです。
愛知県の男子高校は、愛知産業大学工業高等学校、東海高等学校、名古屋工業高等学校、名古屋湖東学校などがありました。
偏差値は、愛知産業大学工業高等学校は41、東海高等学校は73、名古屋工業高等学校は39~40、名古屋高等学校は64~67でした。

青羽悠さんの出身高校は非公開でしたが、男子校ということがわかっています。
推測ですが青羽悠さんは高校卒業後、京都大学に進学しているので、偏差値からすると東海高等学校、名古屋高等学校の可能性が高いです。

 

 

青羽悠の出身大学どこ?京大!

 

この投稿をInstagramで見る

 

青羽悠 Aoba Yu(@aobayu_)がシェアした投稿

青羽悠さんの出身大学は、京大こと京都大学であることがわかっています。

青羽悠さんは京大の総合人間学部で地球科学を専攻しており、総合生存学館の池田裕一さんに師事し「複雑ネットワーク」という分野を学び、研究していたとのことです。
現在は京大の大学院に進学し、小説家として活躍する傍ら現在も「複雑ネットワーク」の研究を続けているようです。

青羽悠さんの出身大学は、京大こと京都大学で現在は大学院に在籍中です。

 

 

青羽悠の著作本紹介!

 

青羽悠さんの著作本を紹介します。

まず1冊目の著作本は、今年2022年の10月に発売された「幾千年の声を聞く」です。
世界の中心にそびえ立ち、枝の上に国ができた大きな木の物語ですが、他国から来た学者は「こんなものは本来、地球に存在しない」と気づき、「この木は一体何なのか?」という謎が木に関わる人たちによって、解き明かされていくというストーリーなのだそうです。
読者の感想は「圧倒されながら面白く読んだ」、「今までの(青羽悠さんの)作品とは一味違うが、伝え方は一貫していた」というものでした。

2つ目のは、デビューから3年後に発売された「凪に溺れる」という著作本です。
あらすじは、OLの遥がYoutube上でバスっている人気アーティスト「霧野十太」に魅力を感じ惹かれるが、数日後、「霧野十太」は1年前に亡くなっていることを知って、なぜ今彼の楽曲が注目されているのか…というところから、物語が展開していきます。
「映画を見ているようだった」、「(登場人物の)霧野十太がもし実在していたら会ってみたかった」などという読者の感想がありました。

青羽悠さんの著作本を紹介しました。

 

青羽悠のwiki経歴プロフィールまとめ

今回は青羽悠さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

・青羽悠の経歴とプロフィールをwiki風に紹介!
・青羽悠の彼女いるの?
・青羽悠の出身高校と偏差値を調査!出身大学は京大!
・青羽悠の著作本を紹介!

いかがだったでしょうか?

青羽悠さんは、大学院卒業後は別の仕事もしながら、小説家として執筆活動を続けていく予定だそうです。
今後の作品も楽しみです。

コメント