濱口竜介監督の経歴プロフィール!学歴ヤバイ!妻嫁子供は?過去作品を紹介!

映画監督
濱口竜介監督の経歴プロフィール!学歴ヤバイ!妻嫁子供は?過去作品を紹介!

2021年3月に第71回ベルリン国際映画祭で最高の賞である金熊賞の次に誇れる賞の銀熊賞を濱口竜介監督が手掛けた「偶然と想像」が受賞しました。

この作品は3つの短編映画から成っている映画で、それぞれ「魔法(よりもっと不確か)」「扉は開けたままで」「もう一度」というテーマに分かれています。

今回は「偶然と想像」監督である濱口竜介監督経歴プロフィール結婚してお嫁さんや子供について、高校や大学について、オールタイムベストなどについて調査してみました!

今回は濱口竜介監督の以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

・濱口竜介監督の経歴とプロフィール
・濱口竜介監督の学歴がすごい!東京大学出身!
・濱口竜介監督には妻(嫁)や子供がいるの?
・濱口竜介監督はどこの高校と大学に通っていたの?
・濱口竜介監督のオールタイムベストとは?代表作品や影響を受けた作品

濱口竜介監督の経歴

画像出展元サイトはこちら

1978年 12月16日 0歳
神奈川県にて誕生する。

1996年 大学生 18歳
東京大学文学部に入学する。
在学中は映像研究会に所属する。

2000年 社会人 22歳
大学卒業後は映画の助監督やテレビのアシスタントディレクターをする。

2006年 大学院生 28歳
東京芸術大学大学院映像研究科に入学する。

2008年 大学院生 30歳
監督をした「PASSION」が東京芸術大学大学院映像研究科の第二期生修了制作展で上映され、2000年に創設された映画祭である第9回東京フィルメックスのコンペティション部門に選出された。

2011年~2013年 33歳~35歳
酒井耕監督と一緒に監督をし、「東北記録映画三部作」の『なみのおと』『なみのこえ』『うたうひと』を手掛けた。
この作品は東日本大震災後の東北地方の人々を映した作品。

2012年 34歳
「親密さ」の監督を務める。

2015年 8月 36歳
監督を務めた「ハッピーアワー」が第68回ロカルノ国際映画祭で国際コンペ部門の最優秀女優賞を受賞する。
そして、2016年3月に芸術選奨新人賞を受賞する。
さらに、2016年5月第25回日本映画批評家大賞選考委員特別賞を受賞する。

2018年 39歳
柴崎友香さんの小説を映画化した「寝ても覚めても」の監督を務める。
第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出展された。

2020年 41歳
全国の小規模映画館の支援金を「ミニシアター・エイド基金」と称して映画監督の深田晃司さんと一緒に3億円を上回る資金を集めた。
この活動により、2020年の日本映画ペンクラブ賞を取得した。

2020年 41歳
「スパイの妻<劇場版>」の脚本に携わった。
第94回キネマ旬報ベストテンの脚本賞を取った。

2021年 3月 42歳
第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出展された「偶然と想像」が銀熊賞を受賞した。

以上が濱口竜介監督の経歴でした!
経歴を見ると数多くの賞を受賞をし、映画界にも貢献していることがわかりました!
濱口竜介監督の活動を見て、影響される人も多そうですね!

 

濱口竜介監督のプロフィール

画像出展元サイトはこちら

名前 濱口竜介
読み方 はまぐちりゅうすけ
生年月日 1978年12月16日
年齢 42歳(2021年3月時点)
出身地 神奈川県
学歴 大学院卒業(東京大学文学部、東京芸術大学大学院映像研究科)
職業 映画監督、脚本家

以上が濱口竜介監督のプロフィールでした!

 

濱口竜介監督の学歴ヤバイ!まさかの東京大学出身!

画像出展元サイトはこちら

濱口竜介監督の学歴を調べているとすごいことがわかりました!

濱口竜介監督は東京大学文学部、東京芸術大学大学院映像研究科に通っていたことがわかりました!

東京大学文学部は高校卒業後に、東京芸術大学大学院映像研究科は一度社会人として映像系の仕事に携わった後に入学したようです!

一度大学卒業したらなかなか勉強しようとしないと思いますが、また勉強しなおしたなんてすごいですね!

他に東京大学出身の映画監督は松本純平さん、大宮エリーさん、石橋今日美さんなどがいらっしゃいます!

東京芸術大学大学出身の映画監督は坂下雄一郎さん、五十嵐耕平さん、船曳真珠さんなどがいらっしゃいます!

 

濱口竜介監督は結婚して妻(嫁)や子供はいるの?

画像出展元サイトはこちら

濱口竜介監督には妻(嫁)や子供がいるのか調査してみました!

濱口竜介監督の妻(嫁)や子供がいるか調査しても情報は見つかりませんでした。
学生時代から映画製作に携わってきたことから恋愛に時間を割くほど時間がなかったのでしょうか?
恋愛に目もくれず自分の好きなことを追求していくなんてまさに天才でもあり、プロですね!

 

濱口竜介監督の高校と大学はどこ?

画像出展元サイトはこちら

濱口竜介監督が通っていた高校と大学について調査してみました!

濱口竜介監督の通っていた高校は調査しても判明しませんでした。
濱口竜介監督は神奈川県出身ということで、神奈川県内の高校に通われていたのではないでしょうか?
また、大学も国立に通っていたので高校も公立に通っていたのではないでしょうか?
公立から東京大学に出てるとしたら、神奈川県内の中でもトップレベルの学校に通っていたことも予想できます!

大学は東京大学文学部、東京芸術大学大学院映像研究科に通っていました。
相当な学歴の持ち主ですね!

濱口竜介監督のオールタイムベストとは?

画像出展元サイトはこちら

濱口竜介監督のオールタイムベストについて調査してみました!
オールタイムベストとは、デービュー時から最新話までのベストアルバムのようなものです。

濱口竜介監督の代表作品!

濱口竜介監督の代表作品を紹介したいと思います!

濱口竜介監督の代表作品は「ハッピーアワー」「寝ても覚めても」「偶然と想像」と言われています。
いずれの作品も多くの賞を取っており、多くの人に影響を与えました。

濱口竜介監督の影響を受けた・好きな映画作品

濱口竜介監督の影響を受けた作品、好きな映画作品を紹介します!

濱口竜介監督はジョン・カサヴェテスの「ハズバンズ」から大きく影響受けたと言っています。
そして東京大学文学部の卒業論文にもジョン・カサヴェテスについての論文を書いたということもわかっています。

また、濱口竜介監督の好きな作品は「決闘高田の馬場」「曳き船」「赤い河」「よみがえるブルース」「CURE」だそうです。
多くの人に影響を与えた人が影響を受けた作品となるととても気になりますね!

濱口竜介の経歴プロフィールまとめ

今回は濱口竜介監督の以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

・濱口竜介監督の経歴とプロフィール
・濱口竜介監督の学歴がすごい!東京大学出身!
・濱口竜介監督には妻(嫁)や子供がいるの?
・濱口竜介監督はどこの高校と大学に通っていたの?
・濱口竜介監督のオールタイムベストとは?代表作品や影響を受けた作品

 

いかがだったでしょうか?

濱口竜介監督は「偶然と想像」が銀熊賞を取ったことによりインタビューを多く受けていましたが、その際キャストのことを多く褒めていました。
自身のことよりも周りの協力してくれた方たちを多く褒める姿勢が濱口竜介監督の人柄を物語っているように感じました。

そのようなことができるからこそ、多くの人から評価を得られるのかもしれませんね!

コメント