草刈健太郎のプロフィールと経歴は?家族は?職親プロジェクトとは?

kusakarikentaro 話題
草刈健太郎のプロフィールと経歴は?職親プロジェクトとは?

2020年9月27日のザ・ノンフィクションに大阪のカンサイ建装工業株式会社の社長である草刈健太郎さんが出演します。

本業以外に草刈 健太郎さんは職親プロジェクトに参加して、刑務所や少年院から出所した人たちの身元を引き受け、仕事と住居を提供して「親代わり」になり、社会貢献をしている。

そんな草刈健太郎さんだが、最愛の妹を同居していたアメリカ人男性に殺されてしまい遺族側であり、社会貢献の一言だけで済まない彼の強い思いががあるのだと思います。

今回は草刈健太郎さんのプロフィールと経歴、そして、家族構成は?また、草刈健太郎さんが参加されている職親プロジェクトについてもご紹介します。

草刈健太郎のプロフィールと経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

草刈 健太郎(@kentarokusakari)がシェアした投稿


職親プロジェクトに参加されている草刈健太郎さんのプロフィールと経歴について調査しました。

草刈健太郎のプロフィール

名前(なまえ) 草刈健太郎(くさかりけんたろう)
生年月日 1973年
年齢 47歳(2020年9月時点)
出身地 大阪府岸和田市
学歴(出身大学) 近畿大学法学部 卒
職業(本業) カンサイ建装工業㈱ 代表取締役
日之出塗装工業㈱ 代表取締役
オープンマジックマネジメント株式会社 代表取締役

3つの会社の代表取締役ってすごいね。
建築会社「カンサイ建装工業」、塗装会社「日之出塗装工業」、人材派遣会社「オープンマジックマネジメント」をやっており、年間約40億円くらいの規模で経営されているようです。
なお、父親から引き継いだようで、最初はマイナス15億からのスタートだったようで、2013年には返済しきったという苦労人です。

草刈健太郎の経歴

2003.04 日之出塗装工業株式会社 代表取締役就任
2006.04 カンサイ建装工業株式会社 代表取締役就任
2010.04 大阪青年会議所 副理事長
2011.09 東日本大震災復興支援 「OMOIYARI」プロジェクト活動
2013.02 日本財団 職親プロジェクト再犯防止プロジェクトチーム 企業登録
2013.04 青年会議所 2013年度近畿地区協議会 専務理事
2013.09 オープンブックマネジメント株式会社 代表取締役就任
2015.11 一般社団法人 OMOIYARIプロジェクト 代表理事
2016.06 一般社団法人 ギャンブル依存症問題を考える会 理事
2016.12 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 理事
2017.05 文化庁長官アドバイザリーメンバー選出
2017.06 一般財団法人 大吉財団 理事

ご自身で経営されている会社以外の組織についても理事などに選出されていますね。

草刈健太郎の家族構成は?嫁、子供は?独身?

現在、公開されている情報からは草刈健太郎さんにご家族がいるといった情報は入っていませんが、左の薬指に指輪がはめられていないことから独身である可能性は高いのではないでしょうか。

草刈健太郎の家族構成は?妹・福子さんは?


草刈健太郎さんには最愛の妹の草刈福子さんがいました。
2002年
草刈福子さんが22歳の時、自身で映画を作りたいとアメリカに留学していたようです。
2004年
俳優を目指していたアメリカ人男性のチェイス・ブラムレッジと出会い結婚したそうです。
2005年
草刈さんが当時32歳の時、そして、草刈福子さん(享年25歳)が夫であるにチェイス・ブラムレッジに26箇所を刺されて殺されてしまいます・・・

しかも、その夫は草刈健太郎さんご家族らに謝罪するどころか、躁鬱状態で心神耗弱小状態だったと、主張していましたが、4年間の長い司法での対決により、審判員に被告の主張は却下され有罪判決で禁固16年からの終身刑が言い渡されたそうです。

 出典元:NHK

14年後に福子さんを殺害した夫のブラムレッジ容疑者が仮釈放を申請したため、草刈健太郎さんは10年ぶりにブラムレッジ受刑者に対面しに行きました。

そこでも謝罪の言葉はなく、それどころか福子さんが当時浮気をしたなどと彼女に責任があるような言い方だったようです。
元々許すつもりもなかったようですが、草刈健太郎さんは腹が立ったそうです。
もちろん、審査結果はまだ更生していないと判断されて仮釈放が見送らました。

そんな草刈健太郎さんですが、そこで腐らずに再犯罪を防ぐための活動として、職親プロジェクトに参加し、犯罪者たちを拒絶するのではなく、むしろ向き合ってサポートしていることがとてもすごいと思いませんか?

草刈健太郎が参加する職親プロジェクトとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

くらしと片づけ研究所(@kurashitokataduke)がシェアした投稿

職親プロジェクトに参加する企業、法務省、矯正施設、専門家が刑務所出所者、少年院出院者の更生の手助けをすることで、再犯率を下げて犯罪被害に悲しまない社会を目指しています。

草刈健太郎が参加する理由(きっかけ)は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Ito(@tunagunon2)がシェアした投稿


きっかけは、東日本大震災の被災地で炊き出し支援をしたときにお世話になった「千房」の中井正嗣社長から「受刑者の就労支援を手伝ってくれないか」というお誘いだそうです。

前述の通り、草刈健太郎さんご自身が辛い過去(最愛の妹を同居していたアメリカ人男性に殺害)があり、遺族側からすると最初は嫌々だったみたいです。

しかし、活動を通して加害者を減らすことが被害者を減らすことに繋がると気づき、さらに妹からの使命なのだと思うようになり、そこからは精力的に取り組んでいるようです。

草刈健太郎の職親プロジェクトでの活動内容

これまでに7名以上をご自身の会社へ受け入れ、更生する機会を与えています。

直近の詳しくは番組内で放送された内容でアップデートします。

草刈健太郎が著作した本(書籍)

職親プロジェクトの活動を通して、本を出版しております。
支援してきた元受刑者の背景などを実話でご紹介されているようです。
気になる方がいらしゃれば、是非ご覧になってください。

まとめ

今回は草刈健太郎さんのプロフィールと経歴、そして、草刈健太郎さんが参加されている職親プロジェクトについてもご紹介しました。

いかがだったでしょか。

遺族側からすると複雑かもしれませんが、草刈健太郎さんが参加する職親プロジェクトのおかげで受刑者の更生をサポートし、再犯率が低くすることに貢献されているのだともっとよく知るべきだと思いました。

コメント