長島美紀wiki経歴プロフィール!結婚旦那子供や出身高校大学と会社評判

nagasimamiki-profile NPO代表
長島美紀wiki経歴プロフィール!結婚旦那子供や出身高校大学と会社評判

今回は、認定NPO法人Malaria No More Japan理事、合同会社ながしま笑会代表で政治学博士の「長島美紀」さんの旦那や子供、出身高校や大学、そして会社の評判などを調査してみました。

「長島美紀」さんの経歴やプロフィールを調査してみて、理事や会社代表だけじゃなく大学の教授もしているということが判明しました。

今回は「長島美紀」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

・長島美紀の経歴とプロフィールをwiki風に紹介!
・長島美紀は結婚しているの?子供は居るの?
・長島美紀の出身高校はどこ?偏差値は?
・長島美紀の出身大学はどこ?早稲田大学?

長島美紀のwiki経歴

長島美紀さんの経歴は以下の通り。

1977年 0歳
東京都にて誕生する。

2004年 27歳
TICAD市民社会フォーラムに参加し事務局開設、運営を行う。

2005年 28歳
早稲田大学政治経済学部助手を務める傍ら、同団体の事務局長、理事としてキャンペーン事業を担当する。

2008年 31歳
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターでマラソン元日本代表の瀬古利彦氏のチャリティ駅伝大会の運営に10年以上関わる。
2012年より理事を務める認定NPO法人Malaria No More Japanでは「ZEROマラリア2030キャンペーン」を運営してきました。

まず経歴が凄すぎてここでは書き切れないくらい、いっぱいありました。
大学院在籍中に国連機関やNPOでインターン経験を行ったことをきっかけに、国際協力に関心を持つようになったみたいです。
この頃から世界に目を向け活動していたんですね。

 

 

 

長島美紀のwikiプロフィール

長島美紀さんのプロフィールは以下の通り。

名前 長島美紀
読み方 ながしま みき
生年月日 1977年生まれ
年齢 45歳
出身地 東京都
学歴 早稲田大学 政治学博士
職業 外務省NGO調査員、早稲田大学助手、国際NGO プラン・インターナショナル Advocacy Team Leader

職歴が凄いですね。
しかも「FGM(女性性器損傷)とジェンダーに基づく迫害概念をめぐる諸課題―フェミニズム国際法の視点からの一考察」とゆう本も出版しています。
政治学博士も取得して世界でも有名な学者さんらしいです。

 

 

 

長島美紀は結婚してるの?旦那や子供はいるの?

長島美紀さんは結婚しているのか調査してみました。
調査してみた結果、結婚しているという確かな情報はありませんでした。
これほど多忙に生きている人ですから、もしかしたら恋愛をしている暇は無かったのかも知れませんね。
それか情報が出ていないだけでもうすでに素敵な人が居るのかも知れませんね。

 

 

 

長島美紀の出身高校どこ?偏差値は?

長島美紀さんの出身高校について調査してみました。
調査した結果、出身高校は日本女子大学附属高等学校だとゆうことがわかりました。
2022年の偏差値は66と高い学力をゆうすることがわかりました。
この高校の卒業生には元外務大臣の田中眞紀子さんやワタナベエンターテインメイト社長の渡辺ミキさんなどがいる。
多数の著名人を輩出している日本女子大学附属高等学校は由緒ある高校なのでしょう。

 

 

長島美紀の出身大学どこ?早稲田大学

長島美紀さんの出身大学について調査してみました。
調査した結果、出身大学は早稲田大学の政治経済学部を卒業しています。
卒業後は大学院に入り、難民受け入れ政策を研究したり、難民支援を行う国際機関やNPO法人にインターン/リサーチャーとして関わっています。
その後アフリカに関するキャンペーン活動や様々なNGOや財団の運営、政策提言活動、キャンペーン事業に従事してきました。
一般社団法人SDGs市民社会ネットワークでは、普及啓発事業を担当し団体広報やイベント企画「サステナブル・ストーリー・プロジェクト」など運営しています。

 

 

 

長島みきの経歴プロフィールまとめ

今回は「長島美紀」さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

・長島美紀の経歴とプロフィールをwiki風に紹介!
・長島美紀は結婚しているの?子供は居るの?
・長島美紀の出身高校はどこ?偏差値は?
・長島美紀の出身大学はどこ?早稲田大学?

いかがだったでしょうか?

現在は国際NGO プラン・インターナショナル Advocacyのチームリーダーとしても活躍されている「長島美紀」さん。
これまで本当にさまざまなNGOや財団の広報・キャンペーン業務を経験していますね。
これからも世界の第一線で活躍してくれることでしょう。

 

 

 

 

コメント