中村朱美は佰食屋オーナーで経歴と家族は?コロナ影響による営業再開と閉店?

nakamuraakemi 話題
中村朱美は佰食屋オーナーで経歴と家族は?コロナ影響による営業再開と閉店?

2020年6月30日(火)の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)に「佰食屋」オーナーの中村朱美さんが出演します。

「佰食屋(ひゃくしょくや)」といえば、京都にあるステーキ丼、すき焼き、肉寿司を1日100食限定、ランチ営業のみだが行列ができる行列ができる人気店である。さらに飲食業界では珍しい「残業ゼロ・週休2日制」の実現、売り切れ次第閉店と店の売り上げより従業者を最優先に考えた働き方にも注目されています。

この経営手腕を発揮しているのがオーナーの中村朱美さんであり、経歴や家族などライフスタイルが気になりますよね。また、現在どの飲食業界にも言えるコロナによる影響をどのように受け止めているのか番組内で紹介されます。あれだけ従業者思いだった中村さんが系列店舗の一部を閉店にしたり、従業者の解雇をされたとかで、きっと辛い思いをしているのではないでしょうか。

今回は佰食屋オーナーの中村朱美さんの経歴、家族構成をご紹介します。また、コロナ影響により佰食屋4店舗について営業再開できているのか、それとも休業(閉店?)してしまったのか?調査したいと思います。

中村朱美は佰食屋オーナーで経歴と家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】佰食屋1/2(@hyakushokuya_half)がシェアした投稿

外見は可愛らしく、経営者としては飲食業界では珍しく「残業ゼロ・週休2日制」を実現し、プライベートでは2児のママと奮闘している中村さんについて紹介します。

中村朱美の経歴と出身大学は?

現在、4つの店舗を経営しています。そこまでに至った経緯の概要を以下に示します。

大学卒業後、初就職
多方面の業種で働けるように教育をするd専門学校「大和学園」の広報として勤務し、
26歳で結婚しました。

起業準備スタート
なんときっかけが料理好きの夫が作るステーキ丼だそうです。中村さんは最後に一度食べたい料理だから最後飯と呼んでいるそうです。
そして、「私だけが独り占めするのは勿体ない!みんなにも食べてもらおうという考えに至ったようです。
また、事業に失敗したら夫・剛之さんはタクシー運転手、朱美さんは塾講師の仕事をしようと覚悟を決め、スタートを切ったようです。

2012年9月
飲食・不動産事業を行う「minitts」を設立。

2012年11月29日(いい肉の日)
国産牛ステーキ丼専門店『佰食屋(ひゃくしょくや)』をオープン。
開業当初は1日20~30食しか売れない日々が続いたもの、来てくれたお客様がブログにて紹介してくれただけでなく、
テレビにも出演して一気に知名度が上がります。

2015年3月
佰食屋すき焼き専科の『佰食屋(ひゃくしょくや)』をオープン。

2017年3月
佰食屋肉寿司専科の『佰食屋(ひゃくしょくや)』をオープン。

2019年6月
ビーフライスとキーマカレー専門のの「佰食屋1/2(にぶんのいち)」をオープン。

そして、経営方針だけでなく、『佰食屋(ひゃくしょくや)』のスタッフは身体的障がい者、高齢者、子育て中の女性やシングルマザーなど多様な人材の雇用していたことも評価され、
今まで多くの賞を受賞しました。下記に受賞暦を示します。(2020年6月時点)

●受賞歴:

・平成27年度京都市真の「 ワーク・ライフ・バランス」推進企業の特別賞
・第4回京都女性起業家賞の京都府知事賞(最優秀賞)
・第3回LED関西ファイナリスト
・第4回京信・地域の起業家大賞最優秀賞
・第6回DBJ女性新ビジネスプランコンテストファイナリスト
・地域未来牽引企業に選定
・JVA2018ワークライフバランス推進特別賞
・新・ダイバーシティ経営企業100選
・はばたく中小企業・小規模事業者300社 2018
・第32回人間力大賞 農林水産大臣奨励賞

中村朱美のプロフィール

中村さんのプロフィールは以下の通り。年齢はまだ若く35歳です。経営者として評価されていて本当すごいですね。

・氏名:中村 朱美 (なかむら あけみ)
・会社名:株式会社minitts (みにっつ)
・役職名:代表取締役
・職種:飲食店事業と不動産事業
・居住地:京都市
・ご自身の年齢 :35歳か36歳(1984年生)

中村朱美の仕事内容

株式会社minittsの代表取締役として以下を担っているようです。

・1日100食限定のお店「佰食屋(ひゃくしょくや)」を初めとする飲食店3店舗の経営

約30人いる従業員の労務管理や財務会計業務、買い出しや業者折衝など、お店の営業以外の雑務全般を担当。
従業員の中で小さなお子様がいる方もいるため、お子様の突然の体調不良で仕事を休まれる場合の代打出勤役として、全店舗にいつでも勤務しているそうです。

・建築士である夫が主に運営している不動産事業部「minitts home design.」の運営補助

中村朱美の家族情報

出典元:http://powermama.info/?p=6089

家族構成は下記の通り。

夫:中村 剛之さん

長女:5歳(女)

長男:3歳 ※脳性麻痺で右手右足が少し動きにくい

中村朱美の1日の過ごし方

7時 起床
7時30分 子どもたち着替え、長男リハビリ(夫は朝食準備)
7時45分 朝食
8時30分 子ども2人を幼稚園へ送る
9時 事務所で仕事
12時 銀行まわり、店舗用品買い出し
15時 店舗まわり、レシート等回収
17時 事務所で仕事
17時30分 子ども2人を迎えに行く
18時 長男リハビリ・長女と絵本読み(夫は料理)
18時30分 晩御飯
19時30分 子ども自由時間、親は協力して片付け・翌日幼稚園準備
20時30分 お風呂タイム
21時30分 全員で就寝

最後は全員で就寝できているなんて素敵ですね。

中村朱美の今後の目標

佰食屋を大きくするのではなく、佰食屋での働き方をフランチャイズしたいと考えているそうです。

他の飲食業界では当たり前になっていない「残業ゼロ・週休2日制」など佰食屋で実現した仕組みをもし実現したいというオーナーが入れば、その地域に合わせた形で導入したいとのことです。

飲食業界の救世主のような存在になりそうですね。

中村朱美が経営する店舗情報とコロナ影響(営業再開、閉店?)

中村さんは株式会社minittsの飲食事業部で4店舗を経営しています。その4店舗それぞれ特徴がございますのでご紹介します。

佰食屋(国産牛ステーキ専門店)の店舗情報、コロナ影響

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】佰食屋 hyakushokuya(@hyakushokuya)がシェアした投稿

現在、営業は再開しています。

営業時間 11:00~14:30(L.O.)

※テイクアウトのみ夕方17時~17時30分の間もお渡し可能※

定休日 日曜日
TEL 075-322-8500
住所 京都府京都市右京区西院矢掛町21 シュール西院 1F

 

佰食屋1/2(国産牛とろにく重と焼肉重の専門店)の店舗情報、コロナ影響

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】佰食屋1/2(@hyakushokuya_half)がシェアした投稿

現在、営業は再開しています。

営業時間 11:00~14:00(L.O.)
定休日 日曜日
TEL 075-802-2323
住所 京都市中京区壬生梛ノ宮町15-17

佰食屋(すき焼き専科)の店舗情報、コロナ影響

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】佰食屋すき焼き専科 SUKIYAKI(@hyakushokuya_sukiyaki)がシェアした投稿

現時点(2020年6月)では残念ながら営業停止しているようです。そのまま閉店してしまうのでしょうか。

佰食屋(肉寿司専科)の店舗情報、コロナ影響

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】佰食屋肉寿司専科(@sushi_beef_hyakushokuya)がシェアした投稿

現時点(2020年6月)では残念ながら営業停止しているようです。そのまま閉店してしまうのでしょうか。

中村朱美が著作の本

中村朱美さん著作の本があります。

中村さんの経営方針の詳細が分かる一冊となっております。是非、興味がある方は購読されてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は佰食屋オーナーの中村朱美さんの経歴、家族構成とその他諸々ご紹介されました。また、コロナ影響により6/30時点で佰食屋4店舗2店舗のみ営業再開していることがわかりました。

いかがだったでしょうか。従業者を大事にする経営方針について賛否両論あると思いますが、筆者自身は従業者と経営者がパートナーとして良い関係になれるし、売り上げの数値だけでは測れない幸せも生産できるとだと思います。

中村さんの今後の活躍を応援したいです。コロナが収束し、営業停止している店舗もいつか再開できるといいですね。

コメント