佐藤厚志wiki経歴プロフィール!結婚と出身高校大学や勤務書店どこ?

satouastushi-profile 作家
佐藤厚志wiki経歴プロフィール!結婚と出身高校大学や勤務書店どこ?

「荒地の家族」で第168回芥川賞を受賞した小説家、佐藤厚志さんが話題です。

佐藤厚志さんの経歴やプロフィールを調査してみて、書店で働きながら執筆活動を続けていたということや、あんこが好きだということが判明しました。

今回は佐藤厚志さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けします。

・佐藤厚志の経歴とプロフィールをwiki風紹介!
・佐藤厚志は結婚してるの?嫁や子供は?
・佐藤厚志の出身高校と偏差値、出身大学を調査!
・佐藤厚志の勤務先の書店どこ?

佐藤厚志のwiki経歴

佐藤厚志さんの経歴をご紹介します。

1982年 0歳
宮城県仙台市にて誕生する。

2007年 25歳
書店に就職し、小説を書き始める。

2017年 35歳
「蛇沼」で第49回新潮新人賞を受賞。

2020年 38歳
「境界の円居(まどい)」で第3回仙台短編文学賞大賞受賞。

2021年 39歳
「象の皮膚」で第34回三島由紀夫賞候補にノミネート。

2023年 40歳
「荒地の家族」で第168回芥川賞受賞。

佐藤厚志さんの経歴を調べてみて、芥川賞の前にもいくつかの賞での受賞経験があったようです。
こつこつ執筆活動を続けた結果、今回の芥川賞受賞につながったんですね。

 

 

佐藤厚志のwikiプロフィール

佐藤厚志さんのプロフィールをご紹介します。

名前 佐藤厚志
読み方 さとうあつし
生年月日 1982年2月9日
年齢 40歳(2023年1月現在)
出身地 宮城県仙台市
学歴 東北学院大学文学部卒業
職業 小説家、書店員
受賞歴 2017年新潮新人賞、2023年芥川龍之介賞
好きな食べ物 あんこ(和菓子)

佐藤厚志さんのプロフィールをご紹介しました。

あんこがお好きで、作品を書く前によく食べているそうです。

 

 

 

佐藤厚志は結婚してるの?嫁子供は?

佐藤厚志さんは結婚しているのか、嫁さんや子供はいらっしゃるのか調査してみました。

調査の結果、佐藤厚志さんが結婚しているかどうか、嫁さん子供さんがいらっしゃるかどうかは情報が見つけられませんでした。
佐藤厚志さんは1982年生まれの40歳なので、結婚して嫁さんや子供がいても不思議はないですが、今後インタビューなどで明らかになるかもしれません。

佐藤厚志さんが結婚している嫁さんや子供がいるかどうかは、情報がなく不明でした。

 

 

 

佐藤厚志の出身高校どこ?偏差値は?

佐藤厚志さんの出身高校と偏差値についても調査しました。」

佐藤厚志さんの出身高校は、公表されていませんでした。
次に紹介しますが、佐藤厚志さんの出身大学が「東北学院大学」なので、それを元に東北学院大学への入学者が多い高校を調べてみました。
東北学院大学に出身者が多い上位3高校は、仙台南高校、泉高校、仙台育英学園高校でしたので、このあたりが佐藤厚志さんの出身高校ではないかと個人的に推測します。
偏差値はそれぞれ、仙台南高校が62、泉高校が58~62、仙台育英学園高校が38~59でした。

佐藤厚志さんの出身高校は公表されていませんが、出身大学の東北学院大学へ進学者が多いとされる、仙台南高校、泉高校、仙台育英学園高校辺りではないかと思われます。

 

 

佐藤厚志の出身大学どこ?

佐藤厚志さんの出身大学は、東北学院大学です。

東北学院大学は、キリスト教系の大学で、文学部、経済学部、経営学部、法学部、教養学部、工学部の6学部があります。
佐藤厚志さんは、文学部の英文学科を卒業されています。

佐藤厚志さんの出身大学は、東北学院大学文学部英文学科でした。

 

 

佐藤厚志の勤務先の書店どこ?

佐藤厚志さんは、書店で働きながら執筆活動を行っています。
勤務先の書店は、どこなのでしょうか。

佐藤厚志さんの勤務先の書店は、丸善ジュンク堂書店仙台アエル店であることが判明しました。
佐藤厚志さんは2010年から丸善ジュンク堂書店仙台アエル店で働き始め、雑誌を担当し、本の注文や整理を業務として行っているとのことです。
丸善ジュンク堂書店仙台アエル店の店長さんも、今回の佐藤厚志さんの芥川賞受賞に喜びのコメントを述べていました。

佐藤厚志さんの勤務先書店は、丸善ジュンク堂書店仙台アエル店でした。

 

 

佐藤厚志のwiki経歴プロフィールまとめ

今回は佐藤厚志さんの以下の情報について調査したので皆様へお届けしました。

・佐藤厚志の経歴とプロフィールをwiki風紹介!
・佐藤厚志は結婚してるの?嫁や子供は?
・佐藤厚志の出身高校と偏差値、出身大学を調査!
・佐藤厚志の勤務先の書店どこ?

いかがだったでしょうか?

佐藤厚志さんは「荒地の家族」について、震災から10年以上経った今、なぜ震災を題材にした小説を書こうと思ったのかという問いかけに対し「10年以上経ってから見えるものある、経ったからこそ俯瞰して見られることもある」と語っていました。
実際に被災した方でも、読んでみたい、読んで心を動かされたという声もあるようです。
佐藤厚志さんだからこそ書き続けられる小説を、これからも生み出して欲しいですね。

コメント