山田岳人は大都社長でプロフィールと経歴!DIYファクトリー、妻子供は?

yamadagakuto 話題
山田岳人は大都社長でプロフィールと経歴!DIYファクトリー、嫁子供は?

2020年7月16日(木)に放送される「カンブリア宮殿」に大都代表取締役(社長)山田岳人さんが出演されます。

この山田さんですが、元々はジリ貧の工具問屋の会社を3代目花婿として引継ぎ、見事大改革の上、多くのDIY族の欲求を満たす100万点を超える日本最大級のDIY工具通販サイト「DIYファクトリー」を立ち上げ、見事経営困難から脱却した凄腕経営者です。

DIYといえば、今年はコロナの影響で外出自粛というのもあり、おうち時間でどのように過ごすのかということで、DIYブームが加速しているため、相当な売り上げになっていることと思います。

そんなサクセスストーリーを成し遂げた山田さんのプロフィール及び経歴が気になりますよね。

今回は、大都代表取締役(社長)の山田岳人さんのプロフィールと経歴、妻子供についてまとめます。また、DIYファクトリーに関する情報もご紹介します。

山田岳人は大都社長でプロフィールと経歴!

3代目花婿として引継ぎ、赤字決算に陥った会社を見事立て直した凄腕経営者の山田さんに注目して調べてみました。

山田岳人のプロフィール

名前 山田岳人(やまだたかひと)
生年月日 1969年11月7日
年齢 51歳 ※2020年7月時点
出身地 石川県
趣味 ネットショッピング
最終学歴 京都産業大学経営学部
座右の銘 自ら機会をつくりだし、機会によって自らを変えよ
尊敬できる人 実父、義理の父(先代社長)

山田岳人の経歴

幼少期〜高校生 〜18歳

石川県金沢市にて誕生し、中学生の時に奈良県大和郡山市へ引っ越しました。

小学生の頃からサッカーに熱中し、学生時代はもちろん社会人になってもプレーは継続していたようです。

大学生 19〜22歳

大学時代はアルバイトと遊びで忙しい毎日を過ごしました。いろいろなバイトを経験しましたが、3回生から始めた大手求人誌フロムエーの営業では正社員を差し置いてトップの成績を収めるほど仕事にのめり込んでいましt。週末の夜は、当時流行っていたディスコに通っておえり、大学側から就活に必要な「卒業見込み証明書」は発行できないと言われてしまいます。

これではどこにも就職できないピンチに直面しますが、当時バイトしていたフロムエーの会社であるリクルートにに掛け合ったところ・・・

特例で選考なしの内定を勝ち取ったそうです。
(リクルート側からしてみれば、学生の段階で正社員含めてトップの営業成績を叩き出す人材からのラブコールを拒否するわけないですよね。)

社会人 23〜27歳

新卒で就職したリクルートは、

仕事は楽しくする

という社風で、上司からの命令ではなく社員たち一人一人が自ら勝手にノルマをつくり、目標を達成してはドンチャン騒ぎで喜ぶという学生のようなノリが非常に楽しかったようです。

結婚 27歳

大学時代からお付き合いされていた奥様とご結婚の挨拶の時に、義父から

一人り娘と結婚する代わりに1937年創業の金物工具問屋(総合商社)の後継者になってほしい。

と頼まれそうです。当時はジリ貧だったこともあり、荷が重いとなるところが、経営学部出身で、もともと企業志向が強かった山田さんは快諾し、ご結婚に至りました。山田さんのチャレンジングな姿勢はすごいですね。

大都入社 28歳

結婚を機に6年間勤務したリクルートを退社して大都に入社した山田さんは、出勤初日にスーツで作業場へ向かってしまい、現場の人に笑われがら作業着に着替えたそうです。

また、入社初日からマニュアル車運転させてられて、エンストばかりだったというエピソードトークがあったり、そもそも「金物工具」という業界に無知だったことからビジネスの勉強も一から鍛えて努力されたとか色々苦労されたようです。

大都 専務 〜42歳

何とか会社を立て直そうと2002年にまさに盛り上がろうとしていたネット通販を社内で一人で始めます。
その後ネット通販の業績は右肩上がりとなり新たな収益の柱になりつつあったが、2006年ごろ会社全体での業績は厳しく、とうとう廃業を考えるまでになってしまいます。先代(義父)にそのことを告げると「どうしても会社は残してほしい」と言われたため、努力してみるも1年経過した2007年に業績は回復せず、従業員全員をリストラする事態になります。

その後は完全に山田さんが手掛けていたネット通販事業を主軸にして、事業を拡大していきます。

大都社長 42歳〜

2011年にいよいよ3代目社長に就任し、廃業寸前だった大都を日本最大級のDIY工具通販サイトを運営する企業へ成長させました。大都の成功の要因は3つあります。すべて山田さんが努力した結果ですね。

・早期からネット通販事業に取り組んでいた。
・さらにDIYブームを予見して、専門に特化したネット通販サイトにした。
・問屋業に見切りをつけた。

そして、今後は未来を担う子どもたちのためを考えて行動し、子どもにとって何がいいのかを基準に考えれば、自ずから進める道がわかるとおっしゃっているようです。直近の夢は

東京ドームで子供たちを集めたモノづくりのイベントを開きたい

だそうで、目先の利益より未来の利益を見ているところから先見の明がある方だとおもました。

山田岳人の妻(嫁)子供は?

山田岳人の妻

山田さんと奥様は大学時代からお付き合いされ、結婚されています。馴れ初めはわかりませんが、奥様と2代目社長にとっては山田さんを花婿に迎えたことは大都繁栄の最大の功績なのではないでしょうか。

大都の2代目社長令嬢だったわけで、現在は一緒に勤務されているのでしょか。大都の役員一覧を確認したところ奥様らしき名前は見当たりませんでしたので、会社経営には参加されていないと推測します。

山田岳人の子供

2019年4月には2人の娘(当時、長女:大学生、次女:高校生)がいらっしゃると山田さんのブログから判明しています。4代目社長も花婿の可能性がありますね。

また、山田岳人さんは相当な「イクメン」のようで、「イクメン」というワードが世の中に普及される前から子育てには積極的に参加されていたようです。

DIYを発信する理由

通販事業が軌道に乗った頃、ある社員の”なんのために仕事しているのか?”という一言に我に返ったそうです。今までは何も考えず商品をアップしていたそうですが、一体仕事とは何か?何を売りたいのか?考えた時に”DIY”となったようです。
なぜDIYかと言うと、DIYの道具、材料などを売り、家族だったり大切仲間と一緒にDIYを作ることで思い出ができたりと、作ったものに愛着が湧いて家が好きになったり、商品を売った先を豊かに幸せにできると考えたそうです。

DIYファクトリーとは?

大都はメーカーの部品、商品を単体では売れなくても、大都が使用方法を展開したり、他の商品と組み合わせてキット化してヒット商品に仕立て上げたりと大都にオリジナルの販売方法で運営している。メーカーと消費者を繋げる役として大活躍している。媒体は以下の通り。

DIY工具通販サイト

多くのDIY族の欲求を満たす100万点を超える日本最大級のDIY工具通販サイト「DIYファクトリー」となっています。

商品に対して、DIYレシピも充実しており、初心者も気軽にDIYを楽しめます。

実店舗 ※現在は閉店

また、通販事業が拡大している中で、実店舗の開設を試みようとします。実店舗は通販事業と異なり、初期投資に加え、毎月の固定費(人件費、家賃)が毎月の経営に負担がかかるため、周囲は反対するのですが、山田さんは以下のように考えます。

日曜大工が好きであったりやったことのないという消費者と、いいモノを作っている日本のメーカーをつなげる場所というのが日本のDIY業界には欠けている。この業界に一石を投じるべき

この考えに協賛した24社のおかげで実現し、2店舗を開設します。

・DIY FACTORY OSAKA
・DIY FACTORY FUTAKOTAMAGAWA

しかし、現在は両店舗ともに閉店してしまっているようです。そして、現在では、実店舗をもたずに全国あらゆる場所へ出向き
出張でレッスンやワークショップを開催して、山田さんの思いを実現しているようです。

まとめ

今回は、大都代表取締役(社長)の山田岳人さんのプロフィールと経歴、妻子供について、DIYファクトリーに関する情報もご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

今後もDIYブームは続いているため、山田さんのますますのご活躍が期待できそうですね。今後もDIY以外にも手掛けるかもなので、期待しちゃいますね。

コメント