大相撲の若手注目力士(十両幕下編)を紹介!2022年幕内候補も!

相撲・力士

2022年(令和4年)9月11日(日)、大相撲9月場所が東京都墨田区の国技館で開催されます。

7月場所は前頭2枚目の逸ノ城が初優勝を飾っています。
9月場所は、大関を目指すスタート場所になります。
頑張ってほしいですね。

他の若手力士にも優勝のチャンスはあります。
テレビ観戦にも熱が入ります。

世代交代を促すような意気の良い若手力士の台頭も待たれます。

令和4年の大相撲、関取を目ざして奮戦中の幕下上位の若手注目力士と、
幕内昇進をかけて15日間奮闘する十両若手注目力士を調べてみました。

2022年幕内候補も併せて調査しましたので紹介させていただきます。

・大相撲若手注目力士(幕下編)を紹介!2人
・大相撲若手注目力士(十両編)を紹介!8人
・2022年幕内昇進候補を紹介!

 

大相撲の若手注目力士(幕下編)を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

武蔵川部屋(@musashigawa_beya)がシェアした投稿

幕下上位までに番付を上げてくると、十両の地位が見えてきます。
十両(関取)と幕下とでは待遇に雲泥の差があります。

関取へ昇進するためには越えなければいけない最も高い壁です。
この関門をクリアできれば、月給をもらえるようになり、部屋では大部屋から個室に移ります。
身の回りの世話をしてくれる付け人もつきます。

力士生活で十両へ昇進することが一番嬉しい出来事だそうです。
幕下編で紹介していた菅野(改名・栃武蔵)が新十両での昇進、貴健斗が再十両での昇進となり9月場所の土俵に臨みます。

今、十両昇進を目指し奮闘している力士を紹介します。

大相撲の若手注目力士(幕下編)!塚原

 

この投稿をInstagramで見る

 

taka_lotus(@taka_hasu)がシェアした投稿

名前 塚原
読み方 つかはら
生年月日 1999年10月12日(22歳)
出身地 埼玉県越谷市
所属部屋 春日野部屋

2017年11月初土俵。
埼玉栄高校在学中に相撲界へデビューしています。

現在の番付は西幕下4枚目です。
2018年幕下へ昇進後、2019年11月場所では東幕下4枚目まで番付を上げています。
元中学横綱で、恵まれた体格で注目されています。
ここしばらく幕下上位で足踏みしていますが、期待される力士の一人です。

 

大相撲の若手注目力士(幕下編)!将豊竜

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウカイ(@ukai_4649)がシェアした投稿

名前 将豊竜
読み方 しょうほうりゅう
生年月日 1996年10月12日(24歳)
出身地 秋田県横手市
所属部屋 時津風部屋

2014年9月場所初土俵し、2018年9月場所幕下昇進。
序の口1場所、序二段2場所で通過、2015年5月場所三段目へ昇進しました。
三段目で足踏みしてしまいましたが、2018年9月場所に新幕下へ昇進しました。

2022年3月場所は、東幕下26枚目で勝4敗と惜しくも負け越してしまいました。
翌5月場所は東幕下33枚目で4勝3敗と勝ち越し、7月場所は東幕下27枚目で土俵に臨みました。
残念ながら2勝5敗と負け越し番付を下げています。

2020年1月場所から弓取り式を務めていました。
2021年9月場所二日目に怪我をしてしまい、急遽交代することになってしまいました。
華麗な弓取り式を楽しみにしているファンもいるのです。

けがを完全に癒して、関取昇進まで精進あるのみです。

 

将豊竜の力士情報と経歴!結婚や彼女と両親や四股名の由来は?
今回は「将豊竜」について以下の情報について調査したので皆様へお届けします。 ・将豊竜の力士情報!経歴とプロフィール ・将豊竜の結婚しているの?彼女はいるの? ・将豊竜の実家や両親は? ・将豊竜の四股名の由来?

 

大相撲の若手注目力士(十両編)を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

わ〜ちゃん(@wakya39)がシェアした投稿

力士は十両へ昇進すると関取と呼ばれるようになります。
生活も今までと違い、羽織袴の着用が許され畳敷きの雪駄で白足袋を履くことができます。
服装をみると、関取と幕下以下の力士との違いがわかります。

難関を突破した十両力士も、更に上の地位を目ざして稽古に励んでいます。

十両編で紹介していた平戸海、9月場所で念願の幕内昇進を決めています。
これからの活躍が楽しみです。

 

幕内力士を目ざして精進している若手注目力士紹介いたします。

大相撲の若手注目力士(幕内編)を紹介!直近の横綱予想も!
今回は、幕内の若手注目力士と直近の横綱予想を独自に調査してみましたのでご紹介させていただきます。 ・大相撲の若手注目力士(幕内編)を紹介!21人 ・直近の横綱予想!
大相撲のイケメン注目力士2022年最新版!顔つきで紹介!
今回は2021年に活躍を期待される、大相撲イケメン注目力士を調べましたので、その最新版をお届けします。 【スー女必見】大相撲のイケメン注目力士!2022年最新版!7人

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!熱海富士

 

この投稿をInstagramで見る

 

tatsu.ryu(@tty7704)がシェアした投稿

名前 熱海富士
読み方 あたみふじ
生年月日 2002年9月3日
年齢 19歳
出身地 静岡県熱海市
所属部屋 伊勢ヶ濱部屋

2020年11月初土俵を踏み角界デビューしています。
序ノ口、序二段と連続優勝を果たしました。
2021年5月場所では各段優勝を逃したものの6勝1敗と好成績を残しています。

幕下へ昇進後も、7月場所6勝1敗、9月場所5勝2敗、西幕下14枚目での11月場所は6勝1敗と好成績が続いています。

2022年(令和4年)3月場所で、晴れて十両昇進を決め関取の仲間入りを果たしました。
西十両12枚目で土俵に臨みましたが7勝8敗で惜しくも負け越し。
番付はそのまま据え置かれ、翌5月場所では10勝5敗と好成績でした。
続く7月場所では8勝7敗と勝ち越し、東十両3枚目まで番付を上げてきました。

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!炎鵬

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるろん(@harulon_sumo)がシェアした投稿

 

名前 炎鵬
読み方 えんほう
生年月日 1994年10月18日(26歳)
出身地 石川県金沢市
所属部屋 宮城野部屋

2017年3月場所初土俵し、2019年5月場所新入幕。

2020年11月場所で大負けし幕内から陥落することとなりました。
その後、十両での番付で土俵を務めています。

2022年(令和4年)1月場所は6勝9敗と負け越しとなり、3月場所では西十両11枚目で土俵に臨みました。
3月場所、10勝5敗と好成績で番付を東十両7枚目まで上げています。
翌5月場所では6勝9敗と不本意な成績で、西十両8枚目で7月場所に臨み8勝7敗と勝ち越しています。
9月場所は西十両7枚目での番付となりました。

小兵力士として幕内復帰を目ざし精進しています。

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!北の若

 

この投稿をInstagramで見る

 

#アメチャン(@amesumochan)がシェアした投稿

名前 北の若
読み方 きたのわか
生年月日 2000年11月12日(21歳)
出身地 山形県酒田市
所属部屋 八角部屋

2019年3月場所初土俵し、2022年初場所で新十両に昇進。
2022年9月場所、西十両11枚目の番付で土俵にのぞみます。

十両昇進後は順調な成績でしたが、5月場所は3勝7敗5休で番付を落としました。
高校横綱として入門していますが、関取昇進まで3年かかりました。
スケールの大きい伸び伸びとした相撲を心がけて精進すれば、将来角界を引っ張るほどの力士に成長する可能性を秘めています。

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!貴健斗

 

この投稿をInstagramで見る

 

わ〜ちゃん(@wakya39)がシェアした投稿

名前 貴健斗
読み方 たかけんと
生年月日 1996年2月10日(25歳)
出身地 熊本県八代市
所属部屋 常盤山部屋

2014年1月場所初土俵し、現在東幕下筆頭の番付です。

2021年(令和3年)3月場所十両へ昇進しています。
2021年3月場所では、惜しくも7勝8敗と負け越しとなってしまいました。
番付はそのまま据え置かれ西十両11枚目のままでした。

奮起した5月場所では、10勝5敗と大きく勝ち越しました。
幕内が視野に入ってくる地位まで上がってきました。

7月場所では、西十両4枚目で3勝12敗と大きく負け越し番付も大きく下げてしまい、続く9月場所でも3勝12敗と大きく負け越し、幕下陥落となってしまいました。

11月場所では4勝3敗と勝ち越し、東幕下3枚目まで番付を戻してきました。

2022年1月場所では4勝3敗と勝ち越し、十両復帰しています。
3月場所は、東十両14枚目で土俵に臨みましたが7勝8敗と惜しくも負け越してしまいました。
番付はそのまま据え置かれ5月場所に臨みましたが、7勝8敗と負け越し幕下陥落となってしまいました。

東幕下筆頭で臨んだ7月場所、4勝3敗と勝ち越し十両へ復帰できました。

突き押し相撲が得意のようですが、稽古に精進しパワーがつけばもっと上位を
狙える力士に化けそうです。

貴健斗の力士情報と経歴!彼女と中学高校と四股名読み方と由来は?
今回は「貴健斗」の以下の情報について調査したので皆様へお届けします。 ・力士情報と経歴 ・彼女はいるの? ・中学と高校はどこ? ・四股名の読みは?命名の理由と由来は?

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!千代の国

 

この投稿をInstagramで見る

 

char(@char_sumo)がシェアした投稿

名前 千代の国
読み方 ちよのくに
生年月日 1990年7月10日(30歳)
出身地 三重県伊賀市
所属部屋 九重部屋

2006年5月場所で初土俵し、2012年1月場所新入幕。

怪我に見舞われることが多かったこともあり、2015年には三段目まで陥落。

2016年7月場所に再入幕を果たした苦労人でその後も幕内から幕下まで陥落し、再入幕を果たすという経験を2度しています。

怪我をしない力士をめざしています。

2021年11月場所は西前頭14枚目での土俵で、9勝6敗と好成績でした。
令和4年1月場所は東前頭9枚目まで戻しましたが、4勝11敗と不本意な成績でした。

翌3月場所は、西前頭13枚目まで番付を落としました。
6日目まで4勝2敗の成績でしたが、痛めていた左肩の状態を悪化させ7日目から休場となりました。

5月場所は十両陥落となってしまいました。
東十両2枚目の番付となり5月場所に臨みましたが、6勝9敗と負け越し5枚目まで番付を下げています。
9月場所は東十両2枚目の番付で土俵にのぞみます。

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!美ノ海

 

この投稿をInstagramで見る

 

わ〜ちゃん(@wakya39)がシェアした投稿

名前 美ノ海
読み方 ちゅらのうみ
生年月日 1993年5月6日(27歳)
出身地 沖縄県うるま市
所属部屋 木瀬部屋

2016年3月場所初土俵し、現在東十両14枚目。

2018年7月場所で十両昇進し、これを機に四股名を美ノ海に改名しています。

昇進場所、十両の壁に跳ね返されてしまいました。
2019年5月場所に十両へ復帰しました。

2021年3月場所では上位の壁に阻まれ5勝10敗と負け越しになってしまいました。
5月場所は西十両9枚目で番付上位復帰を目指しましたが、3勝12敗となり幕下陥落となってしまいました。

十両への復帰が期待された7月場所では、5勝2敗と勝ち越し十両復帰しています。
続く9月場所でも9勝6敗と勝ち越し番付を上げています。

11月場所では惜しくも7勝8敗と負け越してしまいました。
西十両9枚目で、令和4年1月場所に臨みましたが6勝9敗と負け越しました。

令和4年3月場所は、西十両10枚目で巻き返しを図りましたが5勝10敗と不本意な成績でした。
西十両14枚目で5月場所に挑み、9勝6敗と好成績でした。
7月場所は西十両9枚目で土俵に臨み、9勝6敗と上々の成績でした。

左四つ、寄りが得意の力士です。
2020年8月引退した弟(元十両・木崎海)の分まで頑張ってほしいですね。

美ノ海の力士情報と経歴!彼女や兄弟も力士で四股名の読み方と由来は?
今回は「美ノ海」の以下の情報について調査したので皆様へお届けします。 ・力士情報や経歴(入所前と入所後) ・彼女はいるの? ・兄弟で力士!弟は木崎海! ・四股名の読み方や由来は?

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!栃武蔵

名前 栃武蔵
読み方 とちむさし
生年月日 1999年1月1日(23歳)
出身地 埼玉県入間市
所属部屋 春日野部屋

2021年(令和3年)3月場所初土俵し、三段目100枚目格付出の番付で各界デビューしています。

大学相撲の経験者で、2年時には学生横綱のタイトルを獲得しています。
大相撲幕下15枚目格付け出の資格を得ましたが、大相撲には大学を卒業してから挑戦しています。
4年時には学生選手権ベスト8だったため、三段目100枚目格付出での入門が承認されました。

2021年、初土俵3月場所5勝2敗の成績を皮切りに、順調に番付を上げてきました。

最高位の東幕下2枚目で迎えた2022年3月場所で、3勝4敗と初めて負け越しを経験しています。
翌5月場所では5勝2敗と勝ち越し、西幕下2枚目まで番付を戻しています。

7月場所は5勝2敗と勝ち越し、念願の十両へと昇進、四股名も栃武蔵と改め土俵にのぞみます。

今後もさらに精進して、上を目ざしてほしい力士です。

 

 

大相撲の若手注目力士(十両編)!武将山

名前 武将山
読み方 ぶしょうざん
生年月日 1995年12月6日(25歳)
出身地 茨城県水戸市
所属部屋 藤島部屋

2014年1月場所初土俵し、現在西十両5枚目。
2021年3月場所で十両昇進を果たします。

2021年3月場所は新十両での土俵でしたが、7勝8敗と負け越してしまいました。
番付は据え置かれましたので、5月場所ではまずは勝ち越しを目ざして土俵に臨みました。
10勝5敗と勝ち越し、東十両8枚目まで番付を上げてきました。

9月場所もこのまま好調を保ち8勝7敗と勝ち越し、続く9月場所も8勝7敗でした。

令和4年1月場所は西十両筆頭で臨みましたが、2勝13敗と大きく負け越してしまいました。
3月場所、西十両9枚目で巻き返しを図りましたが力を発揮できず、6勝9敗と負け越し。
翌5月場所では9勝6敗と健闘し、番付を西十両6枚目まで上げています。
7月場所は8勝7敗と勝ち越し、西十両4枚目の番付で土俵にのぞみます。

今後、体格を活かした押し相撲に磨きをかけて上を目指して欲しい力士です。

 

2022年幕内候補を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤孟(@zuoteng910)がシェアした投稿

令和3年7月場所では、入幕した力士は宇良、千代ノ皇、徳勝龍、一山本の4力士でした。
一山本以外は幕内経験者です。

入幕を窺っている十両上位力士の顔ぶれをみると、幕内経験者が多いことがわかります。
入幕してもその地位を保つことの難しさが伝わってきます。

2022年新たに幕内昇進を窺う候補力士を紹介いたします。

北の若、武将山の活躍に期待したいですね。

 

2022年幕内候補!北の若

 

この投稿をInstagramで見る

 

ねむ(@nonem.07)がシェアした投稿


若手注目力士!十両編でも取り上げました。

期待の力士です。
部屋では親方衆や先輩力士から指導を受けながら、前に出る相撲を心がけて稽古を重ねています。
将来性を感じさせる立派な体格をしています。
評論家の北の富士勝昭さんも「努力すれば三役になれる!」と太鼓判です。

 

2022年幕内候補!武将山

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARU(@march_20chi)がシェアした投稿

若手注目力士!十両編でも紹介しています。

170kgの身体を活かした突き押し相撲で、幕下へ2年間で昇進した力士です。
逆に十両昇進まで7年間を要した力士でもあります。

目先の勝ち負けにこだわらず、真っ向勝負の押し相撲で活躍できる力士を目ざして
昇進し幕内まで駆け上がって欲しい力士です。

 

大相撲の若手注目力士(十両幕下編)のまとめ

今回は、十両幕下の若手注目力士と2022年幕内昇進予想を独自に調査してみましたので紹介させていただきました。

・大相撲の若手注目力士(幕下編)!を紹介2人
・大相撲の若手注目力士(十両編)!を紹介8

・2022年幕内候補を予想!

いかがだったでしょうか。

2022年(令和4年)9月場所は、東京両国国技館で9月11日(日)に初日を迎えます。

7月場所では逸ノ城の初優勝で、相撲界の主役に躍り出ました。
大関とりのスタート場所にすることができるか、楽しみです。
9月場所も混戦模様が予想され、テレビ観戦にも熱が入りますね。

大相撲の若手注目力士(幕内編)を紹介!直近の横綱予想も!
今回は、幕内の若手注目力士と直近の横綱予想を独自に調査してみましたのでご紹介させていただきます。 ・大相撲の若手注目力士(幕内編)を紹介!21人 ・直近の横綱予想!
大相撲のイケメン注目力士2022年最新版!顔つきで紹介!
今回は2021年に活躍を期待される、大相撲イケメン注目力士を調べましたので、その最新版をお届けします。 【スー女必見】大相撲のイケメン注目力士!2022年最新版!7人

コメント